2012年12月31日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1498
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 10:21 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1497
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 10:11 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1496
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 10:02 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1495
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 09:51 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1494
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 09:41 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1493
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 09:31 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1492
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 09:22 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1491
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 09:11 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1490
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 09:02 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノロウィルスの症状



ノロウィルスにかかると、一般的な症状は、嘔吐、下痢、腹痛を伴う程度ですが、酷い場合は熱もでます。
後遺症が残ることもノロウィルスの場合ほとんどないので、それほど神経質になることはありません。
気になるノロウィルスの症状ですが、嘔吐、下痢などが起こり、厳しい脱水症状が現れます。
抵抗力のない老人や幼児は要注意で、病弱な人はノロウィルスで、重症化することもあるので、油断はできません。
たまに、ノロウィルスの症状として、差し込むような腹痛に襲われることがありますが、その場合は水分補給が必至です。
ただ、この場合、ノロウィルスの細菌によって死に至ったのではなく、吐瀉物を喉に詰まらせることによる窒息で死亡したケースです。
ノロウィルスは、小児から成人まで、幅広い年齢層に感染するので、感染予防に努めなければなりません。
胃もたれを感じるという症状もノロウィルスの特有のもので、こうした症状は、普通1〜2日で大体治癒します。
風邪症候群と同じ症状が現れて、そのままノロウィルスの症状が終結することもあります。
これまでノロウィルスの症状を調査した中で、死亡した例というのも稀にあるようです。




posted by ゆりたん at 09:00 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1489
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 08:51 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノロウィルスとは


もっとも恐ろしいのはノロウィルスの集団感染で、これは世界各地に大きな被害を与えます。
エンベロープを持たないウィルスとしてノロウィルスは知られており、粒子は直径 30〜38nmとされています。
基本的にノロウィルスは、乾燥したものから出る塵埃などから、経口感染することが多いのです。
消化器感染症を引き起こすノロウィルスは、十二指腸近くの小腸上皮細胞を脱落させる恐ろしい細菌です。
また、ノロウィルスの場合、まだ治療法がしっかり確立されていないので、できるだけ感染しないよう努めなければなりません。
人の疾患に大きく関わっているのがノロウィルスとポウィルス属の2属で、非常にやっかいなウィルスです。
そして、表面には32個のカップ状の窪みが見られるのがノロウィルスの特徴です。
そうしたことから、ノロウィルスに関しては、検査や治療方法が大きく遅れているという実態があります。
現在、他のウィルスと違って、ノロウィルスは、実験室で増殖させるという方法は発見されていません。
また、感染した人の糞便や嘔吐物などからノロウィルスにかかることもよくあります。ノロウィルスとは、非細菌性急性胃腸炎を引き起こすという恐ろしいウィルスの一種で、これにかかると色々な症状が出てきます。




posted by ゆりたん at 08:50 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1488
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 08:41 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

延命治療の意思表示


患者の意思表示が、延命治療中止の決定事項に大きく関わってきますが、それが出来ない場合は、家族の意思表示でも事足りると容認されています。
例えば、 耐え難い肉体的苦痛があったり、死期が確実に迫っているような場合は、延命治療の中止ができますが、そこには意思表示が必要になります。
そして、肉体的苦痛を除去するための緩和措置を尽くし、他に代替手段がないなどの場合も、延命治療は中止できます。
それにより、家族も延命治療にかかる大きな費用負担のプレッシャーから解放されます。
確かに延命治療というのは、生きながらえるだけというイメージもあるのですが、大半の人が望んでいないというのは、ある種の驚きを隠せません。
今後は、積極的に意思表示カードの案を具体的に進めていって、延命治療の問題を少しでも軽くすべきです。延命治療というのは、途中で中止が認められるケースは非常に少なく、それは意思表示が大きなカギを握っています。

延命治療は、全国の調査でも、希望しない人がなんと8割に達していて、これは意外な結果と言わざるを得ません。

延命治療を希望しないという国民が多い以上、後は家族に任せるか、意思表示カードに委ねるのが一番ということになります。
治療方針を家族の意思に委ねるというのは、当然、本人も悪い気はしないでしょうから、延命治療の問題は、意志表示カードと共にこれをもって解決できる可能性があります。




posted by ゆりたん at 08:40 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1487
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 08:33 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

延命治療と安楽死


もちろん、延命治療の全てが長期化すというものではなく、中には、数時間で終わるケヘスもあります。
ただ、いずれにせよ、延命治療に関しては、コストの問題は切り離せないので、そこに安楽死が浮上してくるのです。
一般的には、本人が自ら医師に訴えれば、安らかに、自発的安楽死を迎えられるのが本筋なのですが、それを延命治療が阻んでいます。
延命治療を本当に希望する人というのは、実際、どのくらいいるのでしょう。
今こそ、延命治療で安易に人生を延ばすのではなく、真剣に安楽死のことを議論して、高齢化社会を乗り越えていかなければならない時期にきているような気がします。
もちろん、安楽死は本人の同意が一番なので、簡単にはいきませんが、同意があれば、延命治療の問題を解消するためにも、容認すべきでしょう。
延命治療については、少しでも長く生きていたいとする人にとっては、良いものなのかもしれませんが、そうでない安楽死を望む人には、阻害するものにもなります。
自発的安楽死の場合、医師が患者に致死薬を注射する方法がありますが、延命治療をしている際は、中々、それはできません。延命治療と安楽死というのは、まさしく両極にある問題で、この二つは切っても切れない関係にあります。
末期がんなどで徐々に意識が混濁している時、延命治療をするのか、安楽死を選ぶかは、本人に任せるのが本来の姿でしょう。
基本的に延命治療は、医師の考えに依存するところが大きく、それは、安楽死が法的に認められていないことも関与しています。




posted by ゆりたん at 08:31 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1486
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 08:21 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

延命治療の問題点


こうした延命治療というのは、ほとんど元気に回復する見込みがないにもかかわらず行われます。
そして、延命治療では、家族の意思すら反映されにくい面があるので、これは、非常に大きな問題点と言えます。
そう考えていくと、延命治療の問題点というのは、本人の意思すらもはや、尊重できないところまできているわけで、これでは尊厳死などはほど遠い問題になってしまいます。
患者にとって、最善の医療が延命治療であると決めつけていることこそが、問題点なのです。
また、延命治療の問題点として、本人の意思が確認出来ないということも、よく指摘されます。
もっとも最近では、緩和技術が向上しているので、ある程度の延命治療の苦痛が緩和できるようになりました。
しかし、現状、延命治療では、1割強の患者は、症状を緩和出来ない状態にあり、これは早急に改善すべく問題点でしょう。
そして、施設や人員不足というのも、延命治療の問題点として取り上げられています。

延命治療に入ると、医師は、勝手に患者が長生きしたいものと判断します。延命治療というのは、人の命を存続させるという非常に優れた治療でありながら、一方では様々な問題点を抱えています。
現実問題、食事が取れなくなれば、餓死させてもいいのかという疑問もあり、胃ろうによる延命治療は、普通に行われるわけです。




posted by ゆりたん at 08:20 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1485
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 08:11 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

延命治療と同意書


そして、延命治療の同意書は、しっかりデータベース化して保存しておけば、万が一の際にも利用できます。
これは非難されることかもしれませんが、延命治療を人工呼吸器だけに頼ってしていくことにどれだけの意味があるのでしょう。

延命治療の同意書があれば、医療の現場で、そうした治療もスムーズにいくでしょう。

延命治療を続けてくと、それを支える周りの家族は、肉体的にも精神的にも、非常に疲れてしまいます。
今ある意思表示カードというのは、臓器移植だけに適用されていいますが、これを延命治療にも同意書という形で、適用させるのです。
つまり、患者自身に、80才以降の延命治療はしない、という同意書を書かせれば、そこで治療を止めることができます。
こうした同意書は、本人が記入するものなので、延命治療の存続を問う際、大きな効果を発揮します。
もし、延命治療を続けることを拒む、患者の同意書があれば、医師が人口呼吸器を外しても問題ないかもしれません。
延命治療というのは、本当に多くのお金がかかるので、家族に多大な迷惑をかけることになります。
つまり、自ら延命治療を拒むことができるよう、同意書を義務化すればいいのです。延命治療は、命をつなぐ大切な治療ですが、昨今、人工呼吸器を患者から取り外した医師が話題になりました。




posted by ゆりたん at 08:10 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。