2012年12月10日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1477
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 06:51 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロキソニンはジェネリックの代表格


特に「ロキソニンS」というのは、第一三共製薬の商品名なのだそうですよ。
そんな中、ロキソニンほどジェネリックが出回り、定着している薬品は少ないのではないでしょうか。
でもって、本来はこの一般名こそがジェネリックネームだというのが大きなポイントになるようです。
あれもロキソプロフェンを有効成分とした薬ですから、立派なジェネリックロキソニンという事になりますね。
よく、ジェネリックだから、安物だから効かないんだと言う人がいますが、それは違うと思います。
そして、他にも複数の製薬会社がロキソニンのジェネリックを製造販売しています。
代表的なところでは、武田薬品の「スリノフェン錠」や大洋薬品の「ロキソプロフェンナトリウム錠」、あるいは大正製薬の「ロキソマリン錠」と言ったところでしょうか。
という事で、欲しい欲しいと言いながら、もうすでに皆さん、ロキソニンのジェネリックを服用された事があるかも知れませんね。
そう言えば、トローチでおなじみの龍角散も「ロキフェン錠」とかっていう鎮痛剤を出していましたっけか。
そこそこ高価な薬なら、安易に飲めないから、依存症に陥る確率も低いんじゃないかと思うし・・・。
それだけ鎮痛剤というのが受容の多い薬なのでしょうけれど、くれぐれも飲み過ぎにはご用心。




posted by ゆりたん at 06:50 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1476
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 06:41 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェネリック医薬品への変更


皆さんは、長年使っていた新薬からジェネリックにあっさり変更する事が出来ますか。
まあね、長年高額の薬代に頭を痛めて来た人なら、その価格に簡単に寝返ってしまうかもしれませんけどね。
それほど経済的な負担を感じていない人なら、まだまだジェネリックは・・・っとおっしゃる方も少なくないようですね。
それに、ジェネリックであるかどうか以前に、薬自体を変更するという事そのものへの不安や抵抗をお持ちの方もあると思います。
ただし、薬価というのは2年に一度定期的に改定され、徐々にリーズナブルになって行きます。

ジェネリック医薬品は、特許の切れた先発医薬品の有効成分を利用し、安価に開発された好発医薬品の事です。
また、例えば、今は新薬で1日2回、1錠ずつ飲めばいいものを、変更すると1日3回飲まなければ同等の効果効能が得られなくなるという場合も微妙。
これらは慢性疾患患者が長期間に渡って服用している事の多い薬ですから、やはり安ければ安いほど有り難いと言ったところなのでしょう。
基本的にジェネリックは、最初から新薬の7割以下の価格で提供される事になっていますからね、その事は一目瞭然です。

ジェネリック医薬品の一番の売りは、やはり新薬に比べて安価な事です。
ただし、その一方で、長く服用する慢性疾患の薬だからこそ、変更したくないという方も多いみたいですけどね。




posted by ゆりたん at 06:40 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1475
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 06:36 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本ジェネリック医薬品学会

ジェネリック医薬品が知名度を上げて来た昨今、その裏側では、効果効能や供給の不安定さや安全性を疑問視する声も後を絶ちません。
聞いた話によると、日本にはアンチジェネリック医薬品学会なるものも存在するとかしないとか・・・。
となると、やはり私たち患者側にその選択権はある訳ですからね、そこはそれを上手に活用する事が大事なのではないかと個人的には思いますね。

ジェネリック医薬品というのは、実は昨日今日お目見えしたものではなく、ずっと以前から存在していました。
何故なら、昔から基本的に新薬としての特許は20年から25年と決まっていた訳ですからね、それが切れるとどっとジェネリック医薬品が出だした訳です。
日本には、アンチの付かない正式な日本ジェネリック医薬品学会というのもちゃんと存在しますし・・・。
ただ、忙しくて本を読む時間がないとか、活字嫌いで本を読む気がないとおっしゃる方は、日本ジェネリック医薬品学会のホームページにアクセスされてもいいでしょう。
後発医薬品についての情報を得る事が出来ます。
ただし、正しいジェネリック医薬品に関する知識を得る事が何より大切です。
けれど、ジェネリック医薬品が新薬と呼ばれる先発医薬品と同等の効果効能と安全性を持ち合わせている事は、ある程度立証されている事です。
独学も大いに結構ではありますが、それだけはよ〜く踏まえて情報収集して下さいね。




posted by ゆりたん at 06:30 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1474
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 06:21 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェネリック医薬品の効果効能

ジェネリック医薬品の有効成分は、新薬と呼ばれる先発医薬品と全く同じです。
従って、ジェネリック医薬品の効果効能は、新薬と全く同じであるという事になります。
実際、先発医薬品と全く同じ薬を他の企業が造る事は、様々な面で困難だと言っても過言ではないと思うんですね。
PRとかって言っちゃいけない、怒られるかも知れませんが、とにかく厚生労働省としては、もっか後発医薬品の普及に多大なる力を入れているようです。
しかし、防腐剤や着色料などの添加物は、直接治療に対する効果効能には影響しないため、ジェネリック独自の選択や配合となっています。
逆に言うと、だからこそ厚生労働省の認可が下り、市販出来るのです。
そして、安全性にも問題点がない上、価格が安いのですから、こんなにいい薬はないでしょう。
だったら、いっその事、四の五の言わず試してみてもいいんじゃないんでしょうかねぇ。
というより、自分でジェネリックの効果効能を疑ったところで、それを試したり実証したりするのは服用するしかない訳じゃないですか。
となると、当然、使うこうした添加物が違う事によって、薬の形状や色、匂い、味などは大きく異なって来ます。
もちろん、ドクターの書いた処方箋上に、「ジェネリック不可」の記載がなければのはなしですけどね。
実際、厚生労働省では、ジェネリックの申請に際し、生物学的同等性試験のデータ添付を義務付けています。




posted by ゆりたん at 06:20 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

ジェネリックの低価格医薬品


こうなって来ると、ジェネリック医薬品を取入れる事で、個人の医療費負担が大幅に軽減される可能性は否めないでしょう。
けれど、ジェネリック医薬品が安いのは、生産コストが安いからではなく、開発までのコストが安いからに他なりません。
通常、新薬のハイコストは、その大半が生産工程ではなく、研究開発工程から出て来るものです。
特に、複数の薬を長期間服用される方にとっては、見逃せない話だと言っても過言ではないでしょうね。
ところがところが、インドでは、その有効成分から、元々特許が認められていないのです。
それでも、新薬の7割位の価格で入手出来るでしょうし、原価の安価な薬であれば、新薬の2割程度の価格で提供されるものもあります。
不況が深刻化している昨今、日本でもようやく、低価格のジェネリック医薬品が普及して来ました。
実際、貧困の激しい発展途上国においては、ジェネリック医薬品が人々の命を繋いでいる光景も見られます。
実はこのネビラピン、欧米では特許が切れていないため、当然、ジェネリック提供が認められていません。
まだまだ検討する価値のあるジェネリック医薬品、関連のブログやサイトで一度じっくり調べてみられてはいかがでしょうか。
それでも、まだ多くの先進国が市場の60パーセント近くを占めているのに対し、日本は僅か30パーセント足らずです。
それに、ジェネリックとしての厚生労働省の定める試験も受けないといけませんからね、全く開発コストが掛からないという訳ではありませんよ。




posted by ゆりたん at 06:10 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

ジェネリックの意味



ジェネリックというのは、非常に一般的な存在であるという事はここに説明した通りです。

ジェネリックの基準に基づいて提供されている薬、それが後発医薬品であるというふうに考えると分かりやすいかも知れませんね。
そこで、最初に新薬が出され、特許が取得された後、その期間満了となった後発医薬品をジェネリック医薬品と呼ぶ訳です。
となると、この世の中、ジェネリックのない世界なんて、そうはないという事になります。
ホント、先発品を真似たもののない世界なんて、そうはない訳じゃないですか。
そして、そこにはジェネリックがあるという事になるという意味です、さっきから私が言いたいのは・・・。
むしろ、後発医薬品という言葉の方が全然一般的じゃないかもって思う位ですものね。
ですから、ジェネリックはそれと同等の意味合いを持つ様々な分野の技術や物品に用いられています。
まあ速い話、ジェネリックというのは、後発医薬品を意味する言葉ではないという事ですよ。
そんなこんなを考えると、実に奥深くて面白い後発技術の世界。
関連のブログやサイトで、もっともっとジェネリックワールドについて調べてみると楽しいかも知れませんね。




posted by ゆりたん at 06:00 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

ジェネリック医薬品の安全性


医師や薬剤師の信頼度が低ければ、当然消費者のジェネリック医薬品に対する安全性への不安は高くなる訳ですね。
となると、当然、その添加物によるジェネリックならではのトラブルも発生しないとは限ってはいないんですね。
ジェネリック医薬品は、新薬として出て、長年使われて来た薬を謂わばリメイクしたものです。
当然、全く別の会社が作る訳ですから、全く同じ薬という訳ではありませんよ。
ただ、新薬と同等の効果と安全性が認められて初めて提供が許されるのがジェネリック医薬品です。
従って、ジェネリック医薬品に対する安全性面での抵抗は、我々消費者が必要以上に持つ必要はないのではないかというのが私の考え方です。
個人的には、むしろ、出たばかりの新薬よりもジェネリックの方が安心かもって思う位です。
これによって、そのジェネリック医薬品が、新薬として出た先発医薬品と同等の効果と作用、そして安全性を持つ事が示される訳です。

ジェネリック医薬品を体質面で使用する事が難しい患者さんも少なくないのは事実だろうと思います。
後、ごく稀にですが、薬が大きすぎてうまく服用出来ないなどという事も出て来る可能性はないとは言えないでしょう。
ですから、医師がジェネリック不可と処方箋に記載しない限りは、試してみる価値は十分あるのではないかと私は思いますね。




posted by ゆりたん at 05:50 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

ジェネリック医薬品


日本でも、昨今の不況に伴い、医療費を抑えるために徐々にジェネリック医薬品を受け入れようとする消費者は着実に増えています。
とは言え、同等の成分配合で造られる事により、それまでに実証されている効果や安全性は十分持って要る訳です。
ただし、新薬と全く同じ薬を他の製薬会社がそっくりそのまま受け継いで造ったり売ったりしているものではありませんよ。
あくまでも、あくまでも同等の高価と安全性を持つ薬という事ですからね。
最近はジェネリック医薬品について、とても詳しく分かりやすく説明してくれているブログやサイトも多数ありますから、調べてみてもいいかもって・・・。
諸外国に比べ、ジェネリック医薬品の普及が難しいと言われて来た日本でも、最近はようやく定着しつつあるような気が私にはするのですが・・・。
そこで、常時新薬の研究開発に勤しむ大手製薬会社に対し、後発医薬品の提供のみで生き延びている中小製薬会社も少なくないようですね。

ジェネリック医薬品は確かに新薬と全く同じものかと言われれば、それは多少なりとも異なっては来ると思いますよ。
実際厚生労働省も、「ジェネリック医薬品とは、これまで効果や安全性が実証されてきた新薬と同等と認められた低価格なお薬です!」と謳っていますね。ジェネリック医薬品という言葉が世に出回って、どの位たつんでしょうね。
ただ、医師や薬剤師が構わないと判断したのであれば、試してみる価値は決して低くない存在だろうと私は思いますね。




posted by ゆりたん at 05:40 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

ジェネリックとは


そのため、ある意味、非常にオーソドックスな思考や考え方を指す言葉でもあるでしょう。
この言葉を日本に普及させ、定着させたのが医薬品である事に間違いはないだろうと思われます。
ですから、ジェネリック医薬品が安価なのは、新薬開発のための研究コスト等が加算されていないからなのであります。ジェネリックと聞くと、多くの方が薬、医薬品を思い浮かべられるのではないかと思います。
これをジェネリックプロダクトと呼び、今や結構重宝されている方も多いのではないかと思われます。
確かに、「ジェネリックで!」なんていうテレビコマーシャルもありますしね。
それと言うのも、価格の安さに逆に不審を持たれてしまうという事がなきにしもあらずなのではないだろうかと私は思いますね。
つまりジェネリックは、とても手軽に日常生活に取入れられる存在でもある訳ですよ。

ジェネリック医薬品こそ、日本では比較的新しい言葉であり、新しい存在ですが、他の分野においては決してそんな事ありません。
ジェネリックに疑問や不安を持ち始めたら、恐らく今の日常生活には沢山の変化や支障が現れて来るでしょう。
何故なら、世の中の多くの技術や物品には、類似法や類似品が存在します。
ならば、それら全てが同時に開発されたものかと言うと、そんな事は有り得ないと行っても過言ではない訳で、大半がジェネリックになるからです。




posted by ゆりたん at 05:30 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

モブログの更新が完了しました。

モブログの更新が完了しました。

URL:http://kodawari02.blog87.fc2.com/?m&no=1473
──────────
投稿の際に moblog+n@fc2.jp に送信すると
投稿完了時に通知を送りません。
詳しくは http://blog.fc2.com/click/?adid=1760
──────────
絵文字を含むメールの場合は
moblogfc2@gmail.com に送信してください。
──────────

※このメールは送信専用メールアドレスから送信されています。

──────────
FC2,Inc
http://blog.fc2.com/




posted by ゆりたん at 05:21 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

末端冷え性対策

末端冷え性になると、日常生活が辛くなるので、早急に対策をとっていく必要があります。
マッサージを末端冷え性の対策として行う際は、体の中心から末端に向かってほぐしていくというのがポイントであり、コツになります。
まず、末端冷え性の対策としては、厚手の靴下を履くことが挙げられますが、これだけでは、実際、中々効果が得られません。
体全体をしっかり温めていくというのが、末端冷え性の基本で、自律神経のバランスを整えるのが、対策のキモになります。
血流の流れに問題があるのが末端冷え性なので、対策としては、手先だけを温めるだけではダメなのです。
血液の流動性をよくすることに留意して、末端冷え性対策は、何より、流れやすい血液に改善していく必要があります。
そして、適度な運動をするというのも、末端冷え性対策では重要で、運動をするなら、ストレッチやウォーキングなどがおすすめです。
そして、末端冷え性対策としては、まずは、生活習慣を改善し、規則正しい生活を送るようにしなければなりません。

末端冷え性の対策としては、偏った食事をしないことも大事で、常に栄養バランスを考え、青魚や海藻類などを積極的に摂っていかなくてはなりません。

末端冷え性対策は、何より、血行をよくすることを念頭に置いてやっていかなくてはなりません。
これなら、末端冷え性対策として、気軽にでき、しかもマッサージでもみほぐすだけで、それなりの効果が得られます。




posted by ゆりたん at 05:20 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

末端冷え性の症状


そうした症状が末端冷え性で出てきた場合は危険で、それらの症状は、まさに本格的な冷え症への移行期に起こる症状だからです。
手先足先が冷えたままの状態になっているのが末端冷え性なので、布団に入っても中々、寝付けなくなります。
一般的には、末端冷え性は、本格的な冷え性になる前の初期段階といわれていますが、放っておくと、肩こりや頭痛、腰痛などの症状を引き起こすこともよくあります。
冷え症の前段階が末端冷え性と言っても、やはりその症状は辛く、放置せずに、早目の改善が必要です。
入浴時にマッサージしたり、適度な運動をすると、血流促進になり、末端冷え性改善効果が得られます。
なぜそうなるのかというと、末端冷え性の場合、自律神経のコントロールがうまく働いていないのです。

末端冷え性は、主に手先、足先にその症状が出ますが、進行すると、多くの人は、夜寝付けなくなるという症状に悩むことになります。
末端冷え性の症状で起きた足のむくみをそのまま放置すると、やがてそれが脂肪に変わり、簡単に落ちなくなるので、注意しなければなりません。
全体的な比率から見ると、末端冷え性になりやすいのは圧倒的に女性で、その理由は、筋肉量が男性と比べて少ないからです。
昔から女性は冷え症になりやすいと言われていて、夏場の冷房の影響で、末端冷え性になる人も多くいます。




posted by ゆりたん at 05:10 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

末端冷え性と病気

末端冷え性というのは、本格的な病気ではないのですが、寒くなってくると手や足の先が冷えるので、とてもやっかいです。 改善策としては、体を温めるのが一番なのですが、末端冷え性で一度手足、足先が冷えると、中々、元には戻りません。 冷えが進行して、末端冷え性が進むと、逆に末端がほてってくるので、多くの人は、その時点で治ったと勘違います。 特に、末端冷え性になって、腹やヒザが冷えてくると、十分に注意しなければなりません。 一旦、末端冷え性になると、そうは簡単には治りませんが、効果的な方法としては、ストレッチがおすすめです。 また、特に男性の末端冷え性の場合、生活習慣病へと発展し、重篤な病気を引き起こす可能性も秘めています。 中には、末端冷え性は病気ではないので、安易に考える人がいますが、そうした考えは危険です。 手先足先の冷えなので、中には、末端冷え性を気にかけずに対処しないでいる人もいますが、そうした人は、段々とその冷えが全身に広がっていきます。 そして、どんどん末端冷え性が進行していくと、胃や腸の不調を訴え、自立神経失調症になったりします。 そして、放置すると末端冷え性は、内臓にまで影響を及ぼし、子宮や膀胱に被害をもたらすことになります。 つまり、末端冷え性を気軽に考えていると、大きな病気の原因になり、ガンにまで発展することもあります。




posted by ゆりたん at 05:00 | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

末端冷え性改善法



末端冷え性は、食生活の乱れによっても起こり、偏食を繰り返すと、それが原因で起こることもあれます。末端冷え性を有効に改善していく方法としては、やはり、運動するのが一番良いでしょう。
また、ウォーキングで下半身の筋肉が付くと、筋肉量が増えることで、血液循環がよくなり、結果的に末端冷え性改善効果が得られるのです。
そうした人は、バランスのよい食事に変えるだけで、大きく末端冷え性が改善される場合があります。
手や足が冷たくなるのが末端冷え性の特徴で、手や足が冷えると、どうしても動きも鈍くなります。
とにかく、末端冷え性を改善するには、気長にじっくりと時間をかけて、毎日、しっかり行っていくことです。
もちろん、末端冷え性改善のために、激しい運度をする必要はなく、軽度の運動で十分な効果は得られます。
そのため、食生活が原因の末端冷え性の場合は、すぐにでも、規則正しい食生活に改善する必要があります。
末端冷え性改善のためにストレッチをする際は、動かす箇所を頭の中でしっかりイメージすることが大事です。
ストレッチをすると、動かした部位の血液の流れが即座によくなるので、末端冷え性改善策としておすすめです。




posted by ゆりたん at 04:50 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

末端冷え性の原因


交感神経が優位に働くと、血行が悪くなるので、末端冷え性になる人は、交感神経が常に優位になっているので、起こりやすいと言われています。末端冷え性は、色んな原因によって起こりますが、中でも、自律神経が大きく関係していると指摘されています。
ただ、冬の場合、半身浴だと上半身が寒くなるので、末端冷え性対策でお湯につかる場合は、上半身は、Tシャツやトレーナーなどを着ておくことです。

末端冷え性を改善するには、半身浴が最適で、湯船の中で足をマッサージしてやれば、よりよい効果が得られます。
そして、末端冷え性の症状と言えば、手先や足先の冷えになりますが、末端の血管は細いので、どうしても血行が悪くなりやすいのです。
クーラーの効いた部屋に長くいる人や、寒い時期に薄着でいる人は、それが末端冷え性の原因になることがあるので、注意しなければなりません。
人間の体は、冷えると最初に内臓を温めようとし、そのために血流が末端までいかなくなって、末端冷え性になると言われています。
一番いいのは半身浴で、38度程度のお湯に腰から下をつかり、長めに入ると、末端冷え性に効果があります。
そして、半身浴はストレス解消にもなるので、末端冷え性が改善されると同時に、熟睡できるようになります。
末端冷え性の原因を探っていくと、根本は血行不良にあり、これは、普通の冷え性と何ら変わることはありません。




posted by ゆりたん at 04:41 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

末端冷え性に効くツボ

末端冷え性に対しては、ツボの刺激が有効とされていて、これは解消法としてかなり期待できます。
ただ、わざわざ、末端冷え性のために、鍼灸院に通って、ツボを刺激してもらうのは、面倒と言う人もいるでしょう。
自分でできるツボの刺激でも、末端冷え性対策としてはかなり効果的で、それですっかり改善される場合もあります。
照海というツボも末端冷え性によく効き、これは、内くるぶしの真下にあるツボなので、とてもわかりやすいです。
末端冷え性には、合谷というツボも効果的で、これは、手の甲の親指と人さし指のつけねにあるよく知られているツボです。
お店では、プロがツボ押しをすると、お客さんが絶叫する姿がよく見受けられますが、自宅で末端冷え性改善のためにする場合は、優しさが必要です。
ある程度、優しさをもって末端冷え性に対してツボを押していかないと、逆効果になる恐れがあります。
このツボを、力を入れて繰り返し押すと、足の血行が非常によくなるので、末端冷え性に対して、即効性があります。
要するに、素人とプロは違うので、安易に強く末端冷え性改善のために、強くツボを押してはいけないのです。
なぜツボが末端冷え性にそれほど効くのかというと、ツボを刺激すると、停滞しているエネルギーと血液の流れがスムーズになるからです。




posted by ゆりたん at 04:30 | Comment(0) | 健康・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。